スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    26年度 2&3学期 特別支援学級で読んだ本

    読み聞かせ comments(0) trackbacks(0) ともそだち応援隊
    JUGEMテーマ:自分が読んだ本
    2学期に2回、3学期に1回の計3回お邪魔してきました。
    あやめ、すみれ、たんぽぽ、ひまわり、さくらで読んできた本を紹介します。


    ●10月(あやめ、すみれ)
    「バスでおでかけ」

      間瀬 なおかた 作・絵

    「にじをつくったのだあれ」
      ベティアン・シュワルツ 作
      ドナ・ターナー 絵

    「あきはいろいろ」
      五味 太郎 作

    ●11月(たんぽぽ、ひまわり、さくら)
    「ぼくがいっぱい」

      いもと ようこ 作・絵

    「ながーいおはなのブタくん」
      キース・フォークナー 文
      ジョナサン・ランバート 絵
      とき ありえ 訳

    ●12月(あやめ、すみれ、たんぽぽ、ひまわり、さくら)
    「わごむはどのくらいのびるかしら?」

      マイク・サーラ― 文
      ジェリー・ジョイナー 絵
      きしだ えりこ 訳

    「ぼくはぼくの絵をかくよ」
      新井 良二 作


    「ぼくは線をひいてみた」そこから水平線が生まれ、世界がどこまでも広がっていきます。
    えんぴつの先から生まれる世界をぐんぐん進む!
    想像力が刺激される本です。

    「たこやきかぞく」
      にしもと やすこ 作

    「おおかみだあ!」
      セドリック・ラマディエ 文
      ヴァンサン・ブルジョ 絵
      たにかわ しゅんたろう 訳


    本を傾けたり逆さにしたり。
    おおかみから逃げるために読み手と聞き手がこころをひとつにしておおかみに対抗します。
    しかけ絵本・・・・なんでしょうか?とにかくおもしろいです。

    ●1月(あやめ、すみれ)
    「十二支のしんねんかい」

      みき つきみ 文
      柳原 良平 画

    「これなあに?」
      宮西 達也 作

    「ともだち」
      谷川 俊太郎 文
      和田 誠 画


    ともだちってどんなひと?
    「かぜがうつっても へいきだっていってくれるひと。」
    「いっしょにかえりたくなるひと。」
    立ちどまって考えさせられます。すべての学年の子どもにも読みたい本です。

    ●1月(たんぽぽ、ひまわり、さくら)
    「さむがり おおかみ」

      なかむら よーこ 作

    「これなあに?」
      宮西 達也 作





     
    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM